MENU

早期満腹感を薬を使わず自宅で改善する方法

食事をしても、ご飯を3口くらい食べただけですぐにお腹いっぱいになるということはありませんか?
このような症状を早期満腹感と言います。

 

 

食後はいつも胃もたれが続いて、食べ物が胃に残っているような感じがする為に食べられず、体重が減少してしまうという方も最近増えてきています。
病院に行っても「ストレスじゃないですか」「胃薬を処方され様子を見ましょう」と言われ、胃カメラでの検査をしても診断結果は異状なし。

 

 

本人にしてみれば「こんなに辛いのにどうして」と思っていることでしょう。
このように胃の内視鏡検査で目に見える異常がないのに、胃の不調が起こるようなら機能性ディスペプシアの可能性があり、早期満腹感はその代表的な症状です。

 

 

ですが、もう何年も胃の調子が悪くすぐにお腹がいっぱいになったり、食後はいっも胃もたれが続いているような人でも、薬を使わずに自宅で根本から改善することが出来るのです。

 

 

早期満腹感を薬を使わず自宅で改善する方法の詳細を見てみる

早期満腹感の原因は?

慢性的に胃の不調を抱えている人は、日本におよそ1000万人いるといわれ、その中には胃潰瘍や胃がんなどの病気があり、その為に症状が現れている人もいます。

ですが、病院を受診しても不調となる病気が見つからないことも少なくありません。

 

 

かっては、慢性胃炎などと診断され「気のせい」といわれ治療の対象とされなかったこともありましたが、現在では原因が解明され、こういった不調は、胃の機能異常によって起きていることが明らかになっています。

 

 

そして、胃の運動は自律神経がコントロールしています。
しかし、脳がストレスを受けるとその働きが乱れ、胃の動きや知覚に影響が及んできます。

 

 

通常は食べると胃の上部が膨らみ、ここに食べた物をためていきますが、これに異常が起きて胃が十分に膨らまないと、すぐにお腹がいっぱいになるという早期満腹感が現れてくるのです。

 

 

また、胃が知覚過敏になり胃酸の刺激に過剰に反応するようになると、その量に関わらず胃に痛みを感じてきます。
更に胃は蠕動運動で内容物を十二指腸に送りだしますが、この動きが悪くなると食べたものが長く胃にとどまり、排出されるのが遅くなることで胃もたれの症状が起きてきます。

 

 

したがって、ストレスなどによって自律神経の働きが乱れることが原因で、それによって胃の働きも悪くなり、食後の胃もたれや早期満腹感を招くのです。

アコファイドの副作用

病院での胃や食道の治療は、薬物療法が中心となり、症状に適した薬を単独、もしくは組み合わせて使います。
胃の動きが異常があれば、アコチアミド(商品名はアコファイド)などの運動機能改善薬がもちいられます。

 

 

これは神経伝達物質のアセチルコリンの働きを高める作用があり、胃の上部をしっかり膨らむようにさせたり、胃の中の食べた物をスムーズに排出できるようになったりします。

 

 

早期満腹感や腹部膨満感、胃もたれなどの症状がある時に使われます。
ただ、薬にはどんなものにも副作用があります。主な症状としては、吐き気、嘔吐、下痢、便秘、発疹、蕁麻疹などが報告されています。

 

 

このような場合には、使用を中止して、すぐに医師に診てもらって下さい。
更に、他の薬と一緒に服用する時には、その薬の効果が強くなったり弱くなったりする相互作用が起こることがありますので十分な注意がいります。

 

 

また、胃や食道の粘膜が胃酸によるダメージを受けている場合のほか、知覚過敏によって胃痛や胸やけなどが起きている時は、胃酸の量を抑える胃酸分泌抑制薬が用いられます。

 

 

プロトポンプ阻害薬とH2受容体拮抗薬という2種類の薬があります。
ですが、これらを使っても、気分の落ち込みなどでが原因で症状が改善しないこともあります。そのような場合には、抗不安薬、抗うつ薬などを併用します。

 

 

このように、胃の不調はストレスや精神的な要素が大きく影響していることが多く見られますが、どんな薬にも副作用がつきものなので、出来るだけ使わないにこしたことはないでしょう。

自律神経のバランスを整えよう

胃の不調を訴える人の多くは、生活習慣に何らかの問題があることが殆どです。
例えば、食事時間が不規則だったり、暴飲暴食を繰り返す、睡眠や運動不足といったことが良く見られます。

 

 

その為、早期満腹感など胃の不調を根本的に改善する鍵は、原因となる自律神経のバランスを整えることです。
薬にだけに頼るのではなく、こうした生活習慣を見直すことも大切です。
何より、ストレスなどの原因を取り除かないと根本から改善することは出来ません。

 

 

もしも、あなたが辛い症状から一刻も早く開放されたい!薬に頼らないで改善させたいと思っているようなら、これまでの一般的な治療ではなく、根本的に改善を目指し再発防止もできる方法を行うこと大切です。

 

 

そんな病院でも改善されなかったような、難治性症状・疾患をお持ちの方が多く訪れる整体院の細川晶生先生が自宅で無理なく出来る方法を公開しています。
しかも、お金をかけることなく自分で1日10分の簡単なストレッチ(エクササイズ)などの運動プログラムを行うだけです。

 

 

但し、この改善法は本気で取り組まない人には、お金の無駄です。
本気で早期満腹感や逆流性食道炎などの胃食道の不調を改善させたいという方には効果絶大です!
そんな既に多くの方が実践し効果を実感している方法は下記公式ページから詳しくご覧になれますので、今後の参考にしてみてくださいね。

 

更新履歴